ANA:SFC

大逆風!2018年4月~SFC修行環境の変更点を一挙総まとめ

「SFC会員」は一定の搭乗基準を満たすと生涯にわたり優先搭乗やラウンジ利用などの「上級会員サービス」を受けることができる制度。「SFC会員」になるための「SFC修行」は、2016年~2017年にかけて大ブームを引き起こしましたが、一方で制度変更が行われています。今回は、ここ1~2年間に行われた制度変更や改善・改悪を一挙総まとめをしました。

ANA:SFC

SFC制度が徐々に改悪中?今後の戦略と、今すべき事を占う。

テレビ放映などメディアでもSFCなどの上級会員が特集されたりと、SFCへの関心は高まっています。そしてSFC会員は、一度入会すると、自ら退会する人がほとんどいないため、会員数は右肩上がりで増えています。
しかし、SFC制度は改悪の危険をはらんでいます。SFC制度の今後はどうなるのでしょう?

JAL vs ANA

ANAラウンジVSサクララウンジのガチンコ勝負の勝者はどっち?

JALのサクララウンジと、ANAラウンジは成り立ちから設置場所、利用条件や提供サービスはほぼ同一です。 ただし、空港によっては、「サクララウンジにはシャワーがある!」とか、「ANAラウンジは飛行機が良く見える」など、条件が異なります。 日本で一番利用者が多い羽田空港で比較してみると、JALのサクララウンジのほうが ・シャワールームが利用でき、眺望が良い というあたりで僅差で勝利。でも他の空港では・・・・

JAL vs ANA

JALファーストクラスとANAプレミアムクラス対決は「JALのFクラス」が圧勝【国内線対決】

JALやANAでは、国内線でも機内食等を提供するハイグレードな座席を用意しています。
それが、JALでは「ファーストクラス」と呼ばれており、ANAでは「プレミアムクラス」と呼ばれています。
そこで疑問が一つわきますよね。JALのファーストクラスと、ANAのプレミアムクラスはどっちが快適なのか?今日はファーストクラスとプレミアムクラスを徹底比較した驚きの結果をお知らせします。

ANA:SFC

快適すぎたANAの国内線プレミアムクラスを全部レポート

ANAは国内線でも、座席が広く、機内食やアルコールを提供する「プレミアムクラス」を設けてそのニーズに対応しています。
実際にプレミアムクラスは満席状態のことが多く予約が困難、空港でキャンセル待ちしても座れないこともしばしば。そんな大人気のANAプレミアムクラスの実際に迫ります。

JAL:JGC

JAL国内線のダイヤモンドラウンジとサクララウンジの違いを徹底比較

JALの国内線ラウンジは、サクララウンジと、ダイヤモンドプレミアラウンジ(DPラウンジ)の2種類があります。
国内線サクララウンジは、JGC会員と、サファイヤ以上のステイタス所持者が利用できます。ダイヤモンドプレミアラウンジ(DPラウンジ)は、ダイヤモンドステイタス所持者とファーストクラス利用者が利用できます。
ダイヤモンドラウンジのほうが、高いステイタスが必要な分、「なんとなく良いんだろうな~」と感覚的にはわかりますが、具体的に何が違うのか、分からない人も多いのでは?
今回は、JAL国内線のDPラウンジとサクララウンジを徹底比較!

JAL:JGC

JALの国内線ファーストクラスは本当に快適です!

国内線のJALのファーストクラスは、通常料金に8000円追加すると利用できる特別な座席.
ファーストクラスチェックインや、ダイヤモンドプレミアラウンジ、そしてソファのような座り心地抜群の革張りの座席シートに、機内食やアルコールの提供まであります。そして荷物には最優先のプライオリティタグが着けられます。搭乗前から着陸後に至るまで、受けられる大変な優遇を紹介します。

ANA:SFC

2018年4月よりANAプレミアムクラスが大幅値上げ!修行僧ピンチ!

2017年12月の「プレミアムクラスへのアップグレードが最大6000円の大幅値上げ」は、当日アップグレードにとどまらず、ANAプレミアムクラスの料金全般に影響しています。
プレミアム株主優待割引は、37,190円へと約6000円アップ。PP単価にすると、10.8円から13円近くへと大改悪です(優待券代含まず)
プレミアム特割28も同様に値上げで、PP単価が軒並み悪化。2018年4月からの大幅値上げについて解説します。