JAL「どこかにマイル」完全攻略法!【羽田発着編】

ちゅうすけ
どこかにマイルは詐欺や!全然行きたいとこが出てこない!四国や中国地方ばっか!わいは「那覇」「石垣」「宮古島」「奄美大島」の4つにしたいんや
ネズ子
その組み合わせは絶対に出ないわ。でも「那覇」「石垣」「宮古島」「南紀白浜」ならOKよ。ちょっとしたコツがいるけどね。

どこかにマイルとは?

JALが昨年からスタートさせた「どこかにマイル」(公式ページ

これは日時を指定すると、ランダムに4つの行き先を提示してくれるもの。そして申し込みをすると、数日後に4つの中から1つを行き先地として決定するというもの。
値段は日本全国どこが行き先となっても1人当たり6000マイル。
たった6000マイルで沖縄や石垣島、そして北海道まで行けるとあって大人気です。
しかし、行き先がランダムで決定されるため、ちょっとしたコツをつかまないと、行きたいところが提示すらされない状態に。
「どこかにマイル」は、羽田・伊丹のほかに、これから那覇発着の離島路線も始まるとのことですが、今回は羽田空港を例に「どこかにマイル」の行き先決定メカニズムを分析しながら、希望の行き先が少しでも出やすい方法を考察したいと思います。

「どこかにマイル」はマイル利用のみ

どこかにマイルはJALのホームページ上から申し込みが可能です。
ただし、利用するには「6,000マイル」のみ。現金では利用できません。また最大で4名まで同時に申し込めますが、全員分をマイルで支払う必要があります。マイルが足りないからと言って現金で補填するということができない仕組みになっています。
なお、ファミリーマイルに登録していれば、家族分も含めてマイルを使うことはできますが、友人同士のグループ旅行で自分のマイルで友人のどこかにマイルを申し込むことはできません。
マイルを持っている人のみが利用できるシステムとなっています。

ただし、JALの特典航空券は国内線の一番近場(大阪、名古屋、秋田、山形、小松)でも最低12,000マイルが必要。一番長距離(宮古・石垣)では20,000マイルです。それ以外でも15,000マイルが必要なので、6000マイルで全国に飛べるというのは明らかに激安です。(特典航空券の必要マイル数はこちらの公式サイト

どこかにマイルで選べるのは「出発地、日付、出発帰着時間のみ」

どこかにマイルは、基本的にはランダムで提示された場所のどこかに行くという仕組み。
ただし、さすがに出発地と日付、出発時間、帰着時間の選択のみができます。
一部除外日はありますが、それ以外にも連休などで、座席がない時は検索結果が表示されません。
最低4空港は、行き先として空席があることが必要なんですね。
土曜日の朝一に羽田を出て、日曜日の夕方に羽田に着く便などは、人気のようで、選択しても行き先が提示されないケースが多いです。
ただ、この出発時間と帰着時間をうまく選択することで、希望の行き先地が提示されやすくなるんです。

行きたい場所を提示させるコツとは?

さて、どこかにマイルはランダムに4つの行き先が提示されます。提示された4つでよければ、そのまま申し込み。不満なら再検索ができます。
無策で臨むと「徳島」「高松」「岡山」「帯広」「北九州」などの便ばかり提示されます。
どこかにマイルを開発したJALと野村総研は「完全にランダム」と言い切っていますが、実際に「奄美大島」「石垣島」「宮古島」など人気と思われる行き先はあまり提示されません。そして、意外にも便数がとても多い「大阪」「福岡」「札幌」なども案外提示されることが少ないです。
それでは、どこかにマイルのメカニズムに迫ってみましょう。

便がなければ出てこない

当たり前の話ですが、JALが飛んでる路線でなければ、どこかにマイルで提案される4件には出てきません。問題は開設されている路線だとしても、選択した時間帯によっては絶対に出てきません。さらに往路の羽田発時間と、復路の羽田着時間を別々に設定できます。

選択できる時間帯は5つ。
①5:00~8:59
②9:00~11:59
③12:00~15:59
④16:00~18:59
⑤19:00~23:59
です。

行きたい路線がどの時間帯の出発着陸なのかを時刻表で調べる必要があります。(公式時刻表

例えば南紀白浜空港を選択肢として提示してもらいたい場合。
南紀白浜空港は、飛行機が1日3便しかありません。
往路が(7:25・10:25・17:40)の羽田発便
復路が(10:25・13:15・18:35)の羽田着便

この場合、仕事帰りにどこかにマイルを使いたいからと言って、⑤の19:00~23:59を選ぶと、何度検索しても、南紀白浜空港は絶対に出てきません。
そりゃそうですよね、便自体がないからです。
もし、南紀白浜空港にどこかにマイルで行きたい場合は、
往路は、①②④の中から、復路は、②③④の中から選ぶ必要があります。

もっと極端なのは奄美大島に行きたい場合。
奄美大島は、往路が12:05羽田発、復路が17:05羽田着です。
往路を③、復路を④を選択しなければ、絶対に奄美大島は出てこないんですよね。

というわけで、4つの組み合わせを「宮古島と奄美大島と那覇と石垣」にしたいと思っても出てきません。
奄美大島は、往路③、復路④の組み合わせの時のみ出現します。
宮古島は1日1便で往路が6:40発なので①、復路は22:25着なので⑤の組み合わせでしか出てきません。
宮古島に合わせて①-⑤にすると、③ー④の奄美大島が出てこない組み合わせになるんです。

どこかにマイルで行きたい場所を出すための方法とは?

もちろん完全に運任せでもよいのですが、どこか行きたい場所があるならば、行きたい場所が提案されるように時間帯をコントロールする必要があります。
具体的には時間帯を行きたい方面の便に合わせて設定するのです。

具体的には例えば1日2便の石垣島。
往路が(6:35・14:15)
復路が(13:30・22:00)
ですので、どこかでマイルで行きたい場合、往路は①③のどちらか、復路は③⑤
全部で25の時間帯の組み合わせがありますが、石垣島出てくるのは①-③、①-⑤、③-③、③-⑤の4つの組み合わせのみです。このうち①-⑤に設定すると、石垣、宮古島、那覇、南紀白浜すべてに便設定がある時間帯なので、「石垣、宮古島、那覇、南紀白浜」が提示される可能性があるんです。

奄美と那覇を出すことも可能

なお、朝1で羽田空港に到着する便は大きな空港以外はあまりありません。
逆に昼発や夕方着の便は多く設定されており、選択肢が広くなりそうです。
この中で便数設定が少ないのは、奄美・宮古(1パターン)、石垣・山形・中部(4パターン)、女満別・釧路・関空・南紀白浜(9パターン)です。

ただ「石垣、宮古島、那覇、南紀白浜」の4つを提案してもらえる可能性があるといっても、どこかにマイルで提案される空港の組み合わせは35空港ほど。35空港なかから4空港を選ぶ組み合わせは全部で5万通り。1つだけの組み合わせを狙うのは5万分の1くらいの確率。1日当たりの検索上限数(50件~100件程度?)が設けられているので、かなりハードルが高そうです。妥協が必要そうです。

座席がなければ出てこない。

石垣島行きが設定されている時間帯を指定しているのに全然出てこない!
なんて人もいると思います。
当たり前ですが、実際に便設定されていたとしても、空席がなければ出てこないんですよね。
「いやいや、空席を調べたら座席は空いているよ?」と思う人もいるかもしれない。
これは推測ですが、「どこかにマイル」で利用できる座席は、単なる空席ではなく、「特典航空券向けの空席のみ」だと思われます。
実際に私も、特典航空券用の座席が埋まっている行き先については、何十回やっても出てきません。逆に、特典航空券用の座席が空いていれば、人気の那覇なども提案として出てきますよ。
もし行き先として提案してもらいたい空港があるならば、該当日の該当時間の特典航空券に空席があるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

岡山・高松・徳島の謎

一応どこかにマイルはランダムに表示されるとのことです。
でもたとえば、新千歳・青森・伊丹・岡山・高松・徳島・広島・小松・松山・宇部・出雲・那覇・石垣の11空港で特典航空券座席が空いている場合でも1/11の確率ではでてこない気がします。
「絶対ランダムじゃないだろ!これ」ってくらい出てくる空港がいくつかあります。岡山や広島、高松・徳島など、中国地方や四国地方が多い傾向。
これ、たぶん特典航空券向けの残り座席数を分母として、その中からランダムで提案されているような気がします。
すなわち、岡山と高松、徳島が20席、那覇が5席、石垣が1席で他は全部10席ずつあいていた場合、
岡山と高松、徳島は20/126、那覇は1/24、石垣は1/126の確率で提案される。
ただし、実際には同時に4件の提案なので、岡山や高松、徳島は、2回に1回は、那覇は6回に1回程度は、そして石垣は30回に1回の確率で出てくる。なんか実感としてはこんな感じかもしれません。。
ですので、特典航空券として提供している座席数や空きが多い路線・空港ほど提案されやすいという気がします。
伊丹なんかは結構、特典航空券がいっぱいになりやすいからか、案外提案されないんですよね。

これが真実なら、石垣、宮古島、那覇、南紀白浜なんていう組み合わせはもう天文学的確率でしか出てこないのかもしれません。

1日あたりの検索上限は50〜100回だけど回避可能

さて、4つの提案をベストのものにしようとしても、検索を繰り返すうちに、回数制限を迎えてしまいます。50階から100回程度でしょうか?ただし、ブラウザを変えたり、スマホからパソコンに変えたりすることで回避可能です。

4つの中からの選択は完全ランダム(のはず)

どこかにマイルで提案される4つは、ランダムと言っても、母数が空席数なのか、路線なのか、なんらか空席を埋めたいJALの思惑も入り込んでいるはずです。ただ、4つの選択肢から最終的にどこが目的になるかは、完全にランダムでしょう。
一生懸命、検索を繰り返して、「石垣、宮古島、那覇、伊丹」で、結局伊丹になりましたって確率も一定程度あると考えると、検索のし過ぎ、こだわりすぎも考え物ですよね。

正直一番のポイントは「行きたいところを出す」ではなく「行きたくないところを出さない」ということですね。

まとめ

どこかにマイルは全国どこでも6000マイルで行けるとあって、特に遠距離路線やリゾート路線などに人気が集中するはず。「ランダムで」という原則を守りながらも、あくまでも空席を埋めるメカニズムです。無策で臨むと、なかなか行きたいところが提示されないジレンマがまた面白い。ただし私が調べたところ、路線の設定があって、特典航空券に空席があれば、絶対に選択肢としては出てきています。やはり組み合わせがキーとなりそう。
時間帯別のお勧めの組み合わせですが、

往路①5:00~8:59
復路⑤19:00~23:59
は、長距離路線が多く、北海道や九州・沖縄が表れやすくお勧めです。

往路③12:00~15:59
復路③12:00~15:59
は、那覇や石垣島の可能性もあり、使いやすい時間でお勧めです。

こんな組み合わせで考えてみるのも面白いかもしれませんね。
ただし、34空港での組み合わせは全部で46,376パターンあります。
4個所の行き先希望をすべて満たす1つを出すのは5万分の1の確率。

検索でこだわりすぎても、最後の行き先決定のランダム選択で結局徒労に終わる可能性も。ほどほどがよさそうですね。

2018年6月時刻表での時間帯別設定路線の一覧

参考までにどの時間設定だと、どの空港が出るか出ないかがわかるように時刻表を見ながら、どこかにマイルの選択時間ごとの設定路線の一覧を作成しました。
こちらを参考に行きたい路線の往路時間帯と復路時間帯を選択すると、空席があればいつかは候補として現れるはずです。(6月現在の時刻表です。)

往路【羽田発時間の本数】

時間帯
羽田発~8:59~11:59~15:59~18:59~23:59
札幌44433
女満別10110
旭川11110
釧路10110
帯広11110
函館10110
青森11211
三沢10110
秋田11101
山形10010
小松11112
中部10010
伊丹23433
関空10101
南紀白浜11010
岡山01211
出雲02111
広島12221
山口宇部01111
徳島11212
高松02212
高知11111
松山11121
福岡34442
北九州11111
大分11211
長崎11211
熊本22220
宮崎12111
鹿児島22211
奄美大島00100
那覇42321
宮古島10000
石垣10100
合計4039504029
時間帯
羽田発~8:59~11:59~15:59~18:59~23:59

復路【羽田着時間の本数】

時間帯
羽田到着~8:59~11:59~15:59~18:59~23:59
札幌04437
女満別01011
旭川00211
釧路00111
帯広01111
函館01011
青森11121
三沢01011
秋田01111
山形01001
小松11202
中部10001
伊丹23433
関空10011
南紀白浜01101
岡山11111
出雲02111
広島02222
山口宇部01111
徳島11221
高松11212
高知11102
松山02121
福岡14435
北九州11111
大分02121
長崎01221
熊本02321
宮崎01311
鹿児島02222
奄美大島00010
那覇01533
宮古島00001
石垣00101
合計1241504352
時間帯
羽田到着~8:59~11:59~15:59~18:59~23:59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です