SFC

ANA:SFC

ANAの株主優待運賃は予想通りの大改悪&消えた座席の謎

羽田ー那覇のPクラスは3月までは予想通りほぼ満席で発売されず、さらに4月以降もたった1席のみの販売。予想を上回る最悪の状況。しかしよくよく調べると実際に設定してある21席中、販売されたのはたった10席。半分以上の座席はまだ残ってる?今後の追加販売も期待される状況をリポートします。

ANA:SFC

ANA株主優待割引の大改悪が判明!【2019SFC修行も大打撃】

ANAの株主優待が超絶改悪です。10月29日以降は大幅に予約が取りづらくなっています。
これまで繁忙期の一部を除いて、普通運賃と同じ座席供給だった株主優待割引運賃は、10月29日以降、最下層のスーパーバリュー運賃並みしか座席供給されません。ANAの株主優待券の需給も大幅に変化しかねないこの改悪。取り急ぎ解説します。

ANA:SFC

【2019SFC修行】発売即瞬殺ANAスーパーバリュープレミアムと今後の対策

修行で利用されるANAのプレミアムクラスの先行発売運賃「スーパーバリュープレミアム28」。
8月26日(日)の一斉発売では羽田-那覇のプレミアムクラスチケットは完売状態、2019年のSFC修行僧は全滅です。でもまだまだ大丈夫!キャンセル待ちや株主優待の利用ならまだ間に合います!これからチケットを取る方法を2019SFC修行僧に送ります!

ANA:SFC

【コスト大幅上昇でもやるしかない!】2019年のANA・SFC修行を解説!

SFC修行の目的であるプレミアムポイント(PP)は原則飛行距離に比例、実際には座席クラスや運賃種別によって異なります。
SFC修行にあたっては、最も効率よく、金銭的な負担を抑えながら行う必要があります。
今回は2019年のSFC修行を行うに当たって、最適な方法を検討したいと思います。

ANA:SFC

ANAラウンジをも超える「羽田空港第2Tのパワーラウンジ」の凄さと弱点

羽田空港の第2ターミナルに昨年新たにリニューアルオープンした「パワーラウンジ」
ゴールドカードを所持していれば無料で入れるにもかかわらず、「飛行機が見える眺望、豊富なジュース類、充実したコンセント」など、従来のカードラウンジのイメージを覆すどころか、ANAラウンジを超える部分まで。一方で、立地に関してはちょっとした弱点も。今日は羽田空港ANA側の第2ターミナル「パワーラウンジ・ノース」を徹底紹介いたします。

ANA:SFC

大逆風!2018年4月~SFC修行環境の変更点を一挙総まとめ

「SFC会員」は一定の搭乗基準を満たすと生涯にわたり優先搭乗やラウンジ利用などの「上級会員サービス」を受けることができる制度。「SFC会員」になるための「SFC修行」は、2016年~2017年にかけて大ブームを引き起こしましたが、一方で制度変更が行われています。今回は、ここ1~2年間に行われた制度変更や改善・改悪を一挙総まとめをしました。

ANA:SFC

SFC制度が徐々に改悪中?今後の戦略と、今すべき事を占う。

テレビ放映などメディアでもSFCなどの上級会員が特集されたりと、SFCへの関心は高まっています。そしてSFC会員は、一度入会すると、自ら退会する人がほとんどいないため、会員数は右肩上がりで増えています。
しかし、SFC制度は改悪の危険をはらんでいます。SFC制度の今後はどうなるのでしょう?

JAL vs ANA

ANAラウンジVSサクララウンジのガチンコ勝負の勝者はどっち?

JALのサクララウンジと、ANAラウンジは成り立ちから設置場所、利用条件や提供サービスはほぼ同一です。 ただし、空港によっては、「サクララウンジにはシャワーがある!」とか、「ANAラウンジは飛行機が良く見える」など、条件が異なります。 日本で一番利用者が多い羽田空港で比較してみると、JALのサクララウンジのほうが ・シャワールームが利用でき、眺望が良い というあたりで僅差で勝利。でも他の空港では・・・・

ANA:SFC

快適すぎたANAの国内線プレミアムクラスを全部レポート

ANAは国内線でも、座席が広く、機内食やアルコールを提供する「プレミアムクラス」を設けてそのニーズに対応しています。
実際にプレミアムクラスは満席状態のことが多く予約が困難、空港でキャンセル待ちしても座れないこともしばしば。そんな大人気のANAプレミアムクラスの実際に迫ります。