ANA:SFC

ANA:SFC

【コスト大幅上昇でもやるしかない!】2019年のANA・SFC修行を解説!

SFC修行の目的であるプレミアムポイント(PP)は原則飛行距離に比例、実際には座席クラスや運賃種別によって異なります。
SFC修行にあたっては、最も効率よく、金銭的な負担を抑えながら行う必要があります。
今回は2019年のSFC修行を行うに当たって、最適な方法を検討したいと思います。

ANA:SFC

ANAラウンジをも超える「羽田空港第2Tのパワーラウンジ」の凄さと弱点

羽田空港の第2ターミナルに昨年新たにリニューアルオープンした「パワーラウンジ」
ゴールドカードを所持していれば無料で入れるにもかかわらず、「飛行機が見える眺望、豊富なジュース類、充実したコンセント」など、従来のカードラウンジのイメージを覆すどころか、ANAラウンジを超える部分まで。一方で、立地に関してはちょっとした弱点も。今日は羽田空港ANA側の第2ターミナル「パワーラウンジ・ノース」を徹底紹介いたします。

ANA:SFC

大逆風!2018年4月~SFC修行環境の変更点を一挙総まとめ

「SFC会員」は一定の搭乗基準を満たすと生涯にわたり優先搭乗やラウンジ利用などの「上級会員サービス」を受けることができる制度。「SFC会員」になるための「SFC修行」は、2016年~2017年にかけて大ブームを引き起こしましたが、一方で制度変更が行われています。今回は、ここ1~2年間に行われた制度変更や改善・改悪を一挙総まとめをしました。

ANA:SFC

SFC制度が徐々に改悪中?今後の戦略と、今すべき事を占う。

テレビ放映などメディアでもSFCなどの上級会員が特集されたりと、SFCへの関心は高まっています。そしてSFC会員は、一度入会すると、自ら退会する人がほとんどいないため、会員数は右肩上がりで増えています。
しかし、SFC制度は改悪の危険をはらんでいます。SFC制度の今後はどうなるのでしょう?

ANA:SFC

快適すぎたANAの国内線プレミアムクラスを全部レポート

ANAは国内線でも、座席が広く、機内食やアルコールを提供する「プレミアムクラス」を設けてそのニーズに対応しています。
実際にプレミアムクラスは満席状態のことが多く予約が困難、空港でキャンセル待ちしても座れないこともしばしば。そんな大人気のANAプレミアムクラスの実際に迫ります。

ANA:SFC

2018年4月よりANAプレミアムクラスが大幅値上げ!修行僧ピンチ!

2017年12月の「プレミアムクラスへのアップグレードが最大6000円の大幅値上げ」は、当日アップグレードにとどまらず、ANAプレミアムクラスの料金全般に影響しています。
プレミアム株主優待割引は、37,190円へと約6000円アップ。PP単価にすると、10.8円から13円近くへと大改悪です(優待券代含まず)
プレミアム特割28も同様に値上げで、PP単価が軒並み悪化。2018年4月からの大幅値上げについて解説します。